寫眞ノ時間

2005年8月6日初めてモノクロを焼いたのを記念してスタートしたブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
師匠亡くなる
 朝、突然の訃報。
専門学校時代の恩師が亡くなられた。
卒業後、仕事を一緒にやらせていただいて、
いろいろあって疎遠になってしまったんだが、
つい半年ほど前に顔を合わせて、
仲直りができた。
それ以来、また遊びにいこうと思っていたやはずに・・・
残念、本当に元気な人なので、
こんなに早くなくなられるなんて思いもしなかった。
いつ死ぬなんてわからない、だからこそ、
今を生きなくては。
| おうでん&つし子 | おうでん | 10:36 | comments(0) | - |
地震
昨日、東京のスーパーで納豆をみつけた。
ヨーグルトは少し前からチラホラ見られるが、
体によさそうな、いつも食べていた種類のものはまだ見ていない。

ずいぶんこのサイトをほったらかしていたので、
今さら見る人もいないかもしれないが、
被災者に役立ちそうなサイトがあったので、
URLを記載しておきます。

 http://negau.org/

Twitterの情報をもとにして都道府県、市町村で何が起こっているか
をまとめて見ることのできるサイトで、ガラケーでも見られるように
非常にシンプルに作られている、そのためPCで見ると寂しい感じも・・・
それでも現地の人には役に立つと思うので上げておきます。

それでは〜
| おうでん&つし子 | おうでん | 14:54 | comments(0) | - |
直島のアート


シルバーウィークに直島に行ってきた。
安藤忠雄の建築とベネッセとかぼちゃ、そして違和感・・・。

う〜ん、なんだろうね。

島の人も盛り上がってアートをやっているって話を聞くと
ほほえましいのだけど・・・
神社にアートを置くのはどうかな、神聖な場所だしね。
そんなことはないのかもしれないけど、私が見る限り、
なんか島の文化と調和していないような感じがする。
なんかしっくりしない。

でも、地中美術館でみるモネの睡蓮は凄いし、
タレルさんもいい。ぜひ見てもらいたいのだけどね。

これから何十年も続いていけるのだろうか?
そこが心配。




| おうでん&つし子 | おうでん | 16:40 | comments(0) | - |
ナンセンス君 vol.1


会社でのできごとを漫画にしてみました。
右側の新人営業マンがナンセンス君。
世の中をちょっとだけひねくれて見ています
そして左側がベテラン営業マン、正直一番で実直な人柄。
この二人の社内でのやりとりを漫画にしてみました。
二人とも実在する人物ですので、妙にリアリティがあったり、
なかったり。
それは私の力量か?
| おうでん&つし子 | おうでん | 10:27 | comments(2) | - |
let'note 買いました。
 先日から、Let'noteを持ち歩いてます。
ノートパソコンを持ち歩くなんて、絶対無いと思っていましたが、
なかなかどうして、これは便利というか、面白い。
不景気の影響によるパソコンの値下がりのおかげで、
秋葉で2万以下で買いました。
もちろん中古。
pentiumMで1.2くらいかな。メモリが768メガ。
動画の編集とかしなければ性能は充分。
ドライブがないけど、その分軽い。1kgかな。

あと、ぜんぜんネットワークには繋いでないんです。
今度、ヨドバシのワイヤレスゲートにでも入ってみようと思う。
だらだらネットワークしてしまうのが恐ろしいのですが・・・
その分、家でパソコンを使わないで済むならありかも。

基本的にノートを使うのは、喫茶店と電車の中。
画像処理がメインです。
電池の持ちは決して良いとは思いませんが、
一日、一時間も使わないので、これも充分ですね。

快適です。
最近流行のNETPCでは解像度の問題があったので、
購入に踏み切れなかったんだけど、
それよりも安く満足いく品を手に入れられたので、
ラッキーですね。


| おうでん&つし子 | おうでん | 00:58 | comments(0) | - |
まずは一歩進む
 

夏ですね。
家のパソコンのOSをVISTAにしました。
OSが変わるのって新鮮。
わくわくするってところまではいかないが、
ちょっと楽しんでみよう。

最近は、新しさだけではなく、古いものにも興味が強く、
神保町あたりで、魅力的であたりさわりのない深い本を、
掘り出してやろうと思う。
経験上、いかす古本屋には風の旅人があるんだよね。

| おうでん&つし子 | - | 00:32 | comments(0) | - |
謙虚に


歳をとると、なかなか自分の間違え
を認めるのが難しくなります。
自分はできたら、すぐに謝るようにしたい。
恥ずかしくて、なかなか難しいけれど、
虚勢をはってその場を凌いでも、
実は周りの人はみんな真相を知っていて、
情けの目で自分を見ていたら、
私はそれが一番ショックだ。
だから謙虚な気持ちでいたいのです。


| おうでん&つし子 | おうでん | 22:58 | comments(0) | - |
ゴーギャンを見る
 竹橋の美術館でゴーギャンを見てきた。
もともとの私のゴーギャンへのイメージは、
ゴッホの親友で、青と緑の中に、
突拍子もなくオレンジ色を織り込んだ
熱帯の毒蜘蛛のような配色で、
べったりした、土の臭いのする絵を描く人、
といった感じだ。

それは今日見ても、何も変わらなかった。
しかし、この特異な配色を見ていると、
どことなく安堵感を持つのである。
土の臭いのせいだろうか?

ゴーギャンの描く女性は決して美人では
ないのだけど、足が地に付いていて力強い。
腕ひとつ見ても、そこにたくましさを感じるのだ。
肌の色の濃さが関係するのかもしれない。
濃い肌色はオレンジを、オレンジは太陽を、
太陽は命を連想させるのだ。

この時代だからこそ、生きる大切さ、土の臭いの
大切さを感じることが必要なのかもしれないと思った。

話しは変わるけど、
最近、仕事が大きく変わって気づいた事なんだけど、
仕事をする上で大切なことは、
給料が低いからとか、誰かのせいだとか、
そういう事で不満足な仕事をしてはいけないという事。
その不満足な仕事を周りの人はしっかり見ていて、
大事な案件が入って本当に必要なスタッフを探すときに、
不満足な仕事をしている人には絶対に声がかからないと、
僕は思うんです。
だって、一生懸命がんばっている人と一緒に仕事を
したいじゃないですか、大事な案件になればなるほど、
そう思うのです。

目の前のひとつひとつが未来に繋がっていると考えて、
今の仕事に全力でやれるように自分もがんばらなくては
いけないと、思うのです。

すべては目の前の一歩から始まるのだと。






| おうでん&つし子 | おうでん | 23:14 | comments(0) | - |
納得

 人は生きていると、
いろんな事件が起きると思うのですが、
何でこんな事が起きるのだろうか?と考えてて、
そうか、これを学ぶために起きてるのか?
と妙に納得するときがあると思います。
これは冷静に事件を振り返ってみて、
そこになにかしらプラスのものがあると
思って考えないとでてこない。

心の置き方ひとつで、
幸せにも不幸にもなる。
ここが味噌なんですね。
不幸不幸と思っても、幸せにはならない。
だったらラッキーと思った方が得なんだね。

だからプラス思考が持てはやされてんだと思う。

私は情にもろいところがあって、
そこに重きをおくと、不幸にあった人と
一体化するというか同調してしまうんだよね。
これは凄いマイナス。
同調するよりも、叱咤、激励して、不幸な人を
幸福にするような考えをその人にむけて発するべきなんだと、
この歳になってやっとわかった。

納得です。
理解できて良かった。




| おうでん&つし子 | おうでん | 23:39 | comments(0) | - |
自分で考える
 昨日、TVを見てたらサッカーの中田英寿がでてた。
何か考えるときに、必ず自分をその中にいれて考えてみる、
という事を言っていた。
客観的に第三者としてみるのではなく、
自分もその輪の中に含めて考える事で、
より現実味がでて、行動に繋がっていくというものだ。
最近、なにげにTAKE ACTION*という言葉が頭をよぎる事が多かった、
そしてこのインタビュー妙に納得した。
(*中田がよくチャリティー試合を行う時に掲げる言葉。)

GW前に参加した社会起業家ネットワークでも、
私の場合は何かをしなきゃいけないけど、
何をしていいかわからないという感じ・・・(残念)。
周りの人は、仕事で貧困の国にお金がおちるようなシステムで
仕事してますとか、しっかりしたビジョンを持っている人ばかりでした。
その中の一人のおばちゃんが、
自分でできる事を考えるのよ、
遠くにあるものをああだこうだと考えるから、
他人ごとになるの。
今自分ができる事を考えてやりなさい、と。
貧困の国を応援している仕事をしている人にも、それはあなたが考えたの?
と突っ込んでいた。誰が考えたかを知りたいわ。
何をしてもいいのだけど、自分で考えて行動を起こすのが大事。

そう、ここで脳裏にTAKE ACTIONが浮かんできて、中田英、
そしてナガオさんのロングライフデザインにも繋がっているな〜と。

なんだか最近の出来事が一連の流れのようにリンクしたので
書いておきました。

| おうでん&つし子 | おうでん | 10:32 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

このページの先頭へ